七日町そぞろ歩き

まだまだ「半袖」でいこう !


HANS.jpg

SH21.jpg
そういえば本当ならば昨日が東京五輪2020の閉会式で、今日からは夏の甲子園開幕だったんですね。「サイコーの夏」になる予定だったんですね。恨めしい「コロナ」です。さて今日からは当地も最高気温35度連発の予報。「鎌倉シャツ」が誇る自慢の半袖シャツをどうぞ。何が自慢かですけど、「鎌倉シャツ」の半袖は袖が腕に沿った設計になっているんです。巷の「半袖シャツ」は袖に腕が合わずに「ヤジロベエ」のようになっているんです。高度な縫製技術とアイデアが詰まった「鎌倉シャツ」の半袖シャツをどうぞ。

先週は山形県の「WESTCOAST」いや西の海岸。「SHONAN」、いや「SHONAI」の海に行ってきました。やっぱり夏になると一度は海を観たくなります。砂浜を整備するトラクターが行き来するだけで、誰もいない早朝の浜をたっぷり小一時間。不審者に間違われないようビーサンにそれなりのカッコでブラブラ散歩しました。久々の波音と潮風と海の香りが超気持ち良かったです。

◆鎌倉の「半袖シャツ」・5.000円+税他

IMG_7576 (002)yunuyoko.jpg


IMG_7603 (002)beachbull.jpg

▲ページのトップへ

盛夏のブラウス揃ってます。


IMG_7643 (002)la1.jpg

IMG_7644 (002)la2.jpg
「特別なお盆休み」が始まりました。「GO TO TRAVEL」も相まって、例年通りとはいかなくても徐々に夏のお出掛けにシャツやブラウスをお探しの女性陣も増えてきました。店舗にはさまざまなシーンで着回しの幅が広い盛夏に向けたシャツやブラウスなど揃いました。どうぞ夏休みの買い物にお揃いでお出かけください。

昨日が帰省のピークだったようですが、東京発「つばさ」の乗車率は10%程度と低調だった模様。下の写真の上段は今日の地元新聞で、下は昨年の帰省ピークを知らせる地元新聞。新聞によるとJR東日本はお盆期間中15万1千席の予約可能席数を用意したものの、予約状況はいまのところ僅か1万1千席なんだそう。毎年恒例の高速道路の渋滞予測も今年は「予測不能」との事で発表ナシ。夏のお祭りも、オールスターも、高校野球もなし、家族みんなが集まることもなし。何にもメリハリのないまま「いつもと違う夏」が淡々と過ぎていきます。

◆レディスブラウス・6.900円+税他

IMG_7639 (002)1112.jpg

IMG_6804 (002)11.jpg


▲ページのトップへ

SPORTの新作入荷です。

IMG_7622 (002)SP1.jpg

「新しく古いボタンダウン・SPORT」が幅広い年齢層の皆様に人気です。アメリカではカジュアルダウンしたシャツを"SPORT SHIRT"と呼ぶことから、芯地の無いボタンダウンシャツを作るに当たって「SPORT・スポート」と名付けました。「SPORT」の縫製を手掛ける工場は現状1社のみ。こだわりの商品をつくるために、選ばれた1社。それは、VAN Jacket時代にボタンダウンを作製していた過去もあり、30年経った現在もしっかりとその歴史が受け継がれているとある工場です。ノウハウを活かした貴重なシャツ。シャツを研究し続けた鎌倉シャツ自慢の新シリーズ、「SPORT」をどうぞお楽しみください。

今日から9連休という企業も多いよう。一体東京の友人たちはどのように過ごすのかと思ってたら。昨夜あたりから東京の友人グループを繋ぐ「LINE」が騒がしいのなんの。「ゴルフに行こう」とまとまったようで、今朝は5時からやりとりが始まっていて僕が起きたら未読が30以上。いやはや甘く見ていたようで「お盆ウイーク」東京周辺のゴルフ場は満杯のよう。「河口湖あたりの涼しいゴルフ場」なんて言ってたはずが、結局予約できたのは同じ山梨県でも山奥のゴルフ場の模様。水分補給、熱中症に気を付けて楽しく遊んできてください。

◆SPORT・5.900円+税



IMG_7623 (002)SP2.jpg

▲ページのトップへ

そろそろノータイにも飽きてきませんか。

IMG_7621 (002).jpg
「半沢直樹」の銀行マンや証券マン、「SUIT」の弁護士。みなさん決まってますよね。ここぞという日はきっちりタイドアップしてお仕事頑張って頂きたいものです。すっかり人気も定着した「ヤマナシファブリック」のソリッドタイが入荷です。日本有数の織物産地「山梨県」の生地。日々研究を重ね進化する技術とクオリティ。ふっくらと重厚でハリのある、深い色合いをお楽しみください。

昨日発刊された「シャツとダンス」(鎌倉シャツ創業者貞末良雄の人生)にこんな一文がありました。
「鎌倉シャツ」創業前、とあるアパレルメーカーに招聘され、米国に新規ブランドの契約に行った際のこと。英語が堪能で現地事情にも精通している商社マンと交渉の席に着いた。しかし先方の会長から「今晩8時にレストランで改めて会いたいから、キミ一人で来なさい」と言われたそう。会食の席、計算しつくした上質なスーツをまとった貞末に向かって会長は言った。「なぜだかわかるか、あの商社の男と商談したくないんだ」。「ミスター貞末の服装はチャーミングだ。キミなら俺の服を分かってくれるに違いない。」と契約はすんなりまとまったという話。「自分が好きな服を着るのではなく、相手にどうみられるかが重要なんだ。キチンとした服装は相手への礼節だ」石津会長の言葉を実感した瞬間だったということです。

◆ネクタイ・5.000円 TEXTEQヂャケット・68.000円(各税別)

IMG_6719 (002)ch.jpg

▲ページのトップへ

新登場・ドローストリング・スカート。

IMG_7517 (002)11.jpg

IMG_7518 (002)22.jpg
「梅雨明け宣言」と同時に猛暑到来です。本日のご案内は「鎌倉シャツ」としては珍しくスカートです。清涼感のあるトリアセテート生地を使用、暑い日も快適な着心地です。シンプルなデザインなのでTシャツやシャツと合せて幅広いコーディネートが楽しめます。

昨夜の楽天・涌井のインタビュー「イイすね」。暗いだけの男かと誤解してました。トーク力ありありじゃないですか。今後ともよろしくお願いします。さて本格的な夏到来ということで庄内エリアまで行ってきました。小さな漁港や入り江の海水浴場などが連続する日本海の海岸線のドライブはサイコーです。こちら鶴岡名産「だだちゃ豆」に特化した産直店。もう店内に足を踏み入れただけで枝豆の良い香り。そして何てったって強烈なインパクトは店内の「お盆」コーナーに掲げられた庄内訛りの巨大なPOP。「ありがとう」が東北訛りになると「ありがど」となって、さらに庄内特有の「ノー」をくっつけて「ありがどの」です。「お盆に会えない」問題で困った今年の夏ですが、県外在住の庄内出身者がこのPOPをみたら猛烈な郷愁に襲われること間違いナシと思われます。新鮮な夏野菜が食卓に並んで我が家もいよいよ夏本番です。

◆ドローストリングスカート・6.900円+税



IMG_7613 (002)DADA11.jpg
IMG_1937 (002)mame.jpg

IMG_1949 (002)shokutaku.jpg

▲ページのトップへ

カジュアルダウンなら「SPORT」をどうぞ。

IMG_7144 (002)1.jpg

IMG_7914 (002)bd3.jpg

最近では一日7万人の感染者が報告されている米国。ロックダウン疲れが原因との説もあるようですが、「鎌倉シャツマジソン店」も3月から4か月間の営業自粛を経て7月中旬から営業再開。徐々にお客様も戻りつつあるようです。再開後のある日お客様から「『WALL STREET JOURNAL』に鎌倉シャツの記事が載っているよ」と教えてもらったそうです。記事の内容は「あの老舗トラッドブランドなき今、どこでビジネスウエアを買うべきかと」の読者からの質問に対し。「財布に優しいけれど、細部まで丁寧に作られたドレスシャツ」と「鎌倉シャツ」が紹介されていたそうです。2012年のニューヨーク進出以来、現地メディアからも高い評価を受けている日本のモノづくり。現地からのリポートを読んで実に嬉しくなりました。

さてコチラは「新しく古いボタンダウン・SPORT(スポート)」。「ノータイ・クールビズ」そして、オフィスウエアのカジュアル化の潮流でジワジワと人気を集めています。人々を魅了した60年代 アメリカのボタンダウンシャツ。「メーカーズシャツ鎌倉」の技術で復刻です。ボタンダウンの誕生は、ポロ競技中に風ではためく襟先ボタンを付けたことからだと言われています。アメリカではカジュアルダウンしたシャツを"SPORT SHIRT"と呼ぶことから、芯地の無いボタンダウンシャツを作るに当たって「SPORT(スポート)」と名付られました。当時のディティールを追及しながらも、ボディは「マンハッタンモデル」を採用し懐かしさと新鮮さを併せ持ったハイブリットなボタンダウンシャツ。シャツを研究し続けた「鎌倉シャツ」自慢の新シリーズ、「SPORT」をどうぞお楽しみください。

◆価格・・・5.900円+税

IMG_8002 (002)bb.jpg

IMG_7992 (002)bby.jpg

▲ページのトップへ

デキるオトコの「シャツ屋のポロシャツ」。

IMG_7508 (002)1.jpg

IMG_7512 (002).jpg
例年ならば今ごろは盛岡では「さんさ祭り」青森では「ねぶた祭り」そして今日から秋田の「竿灯」と東北が一番熱い一週間を迎えている筈なのに。なんとも寂しい今年の夏です・・・。さて亜熱帯化した日本の夏。そして、テレワークやオフィスウエアのカジュアル化に向けて開発された「鎌倉シャツ」の「ポロシャツ」。普通なのに美くしい、普通なのにエレガント、そして普通なのに実はどこにもない。ドレスシャツと同じ縫製で綺麗な立ち上がりの襟は、さまざまなシーンでお召し頂けます。

全国の「祭り」が中止となった今年の夏。山形の夏を彩る「花笠まつり」も中止を余儀なくされました。せめて祭り気分を盛り上げようと市役所前には例年通り祭りの電飾が設置されています。そして東北芸工大の学生さんたちが、七日町周辺商店街に向けて「ハナサクヤマガタ」という企画を立ち上げてくれました。山形市内の小学生たちが制作してくれたオリジナル花笠を商店街の各お店にプレゼントしてくれたのです。街の賑わいを取り戻して欲しい学生さんとちびっ子の想い。八月七日まで開催しております。商店街をブラついて少しは祭り気分を感じて頂ければと思います。

◆シャツ屋のポロシャツ・・・6.900円+税

hana3.jpg
IMG_7523 (002).jpg
IMG_7513 (002).jpg

▲ページのトップへ