七日町そぞろ歩き

「バランサーキュラー」鎌倉ヂャケット


IMG_6886 (002)1.jpg
IMG_6885 (002)2.jpg
今シーズン春夏の「鎌倉ヂャケット」。三つボタン段返り、両玉フラップ、センターベントの本格派です。和歌山県にある丸和ニットが所有する唯一の編み機によって作られる「バランサーキュラー 」素材を使用。 ニットのストレッチ性がありながらも、織物のような保形性がニットの弱点である型崩れの問題を解決。 形態安定性と伸縮性を両立し、動きやすく軽い着用感を実現したトラベラー素材です。「バランサーキュラー」服地の最大の特徴は、なんと言ってもストレッチ性と保形性の両立。ストレッチを謳うアイテムは、その着用感に目が行きがちですが、どうしても形がダレてしまうことが多いのが難点。ジャケットはビジネスに対応するために、保形性を兼ね備えた素材であることが理想です。是非「バランサーキュラー」服地をお試しください。

いやはや嬉しい悲鳴です。昨日はちょくちょくお邪魔させて頂いている小料理屋のオヤジから、またまた「TAKEOUT」のご案内。コチラは十八番の「山菜オンリーのオードブルに竹の子汁」のセットです。毎年山菜の季節になると必ずお邪魔している季節料理の名店。「今年は食べられないまま終わるのか」と思っていただけに、誠に嬉しいご案内でした。昔から「初ものを喰えば七五日生き延びる」などと言われています。春の陽光をふんだんに浴びて育った山菜や春野菜。生命力あふれる旬のモノが持つ力が、身体に新しい細胞を作り出してくれるんだそうです。季節ごとの旬の食材が食べられる日本の四季に感謝です。

◆「バランサーキュラー」ヂャケット・32.000円+税

IMG_6845 (002)SANSAI.jpg

▲ページのトップへ

フランチェーゼ再入荷。

IMG_6836 (002)fra.jpg
「クールビズ」の季節。ノータイでもスタイリッシュにキマる新しい襟型「FRANCESE(フランチェーゼ)」。サイズ切れ色切れでご迷惑おかけしておりましたが、土日に間に合いました。何万円もする「ナポリのシャツ」に限りなく近づいた、「量産の最高峰」。「鎌倉シャツ」の懐に優しい新しい襟型「FRANCESE(フランチェーゼ)」を是非お試しください。

「自粛要請」は解除になったものの、イマイチ客足が戻らない飲食業界のようですが。「お持ち帰り」華盛りで生活者にとっては食事の選択肢が広がって何だか楽しい昨今。ということで、お待ちかねいよいよ、おむかえのイタリアンレストラン「GURA(グラ)」さんも昨日より「TAKEOUT」が始まりました。昨日は若き社長さんがご案内がてらチラシをご持参いただきましたので、早速掲載メニュー全品ご注文させていただきました。さすが、どれも美味しいのなんの。早速昨日の昼食、夕食そして今日は朝から「特製GURAサラダ」に「新鮮キャベツのペペロンチーノ」を二人で完食致しました。お受取りは火曜日から土曜日午前11時から14時まで。是非ご利用ください023-665-5466までどうぞ。

◆「FRANCESE(フランチェーゼ)」・・・6.900円+税

IMG_6882 (002gu.jpg
IMG_6868 (002)TATE1.jpg

IMG_6873 (002)TATE2.jpg

▲ページのトップへ

寒気の中、リネンタイと半袖シャツ入荷。

IMG_6843 (002)linent.jpg
IMG_6866 (002).jpg
このところ低気圧の停滞で涼しいというか、どっちかと言えば寒いくらいなんですけど。半袖ドレスシャツそして、イタリア・フランスより初夏の装いにふさわしいネクタイ到着です。 シルクはもちろん、コットンを取り入れることで季節感にあった風合いを楽しめま す。爽やかなネクタイで颯爽とまもなくやってくる夏のお洒落をお楽しみください。

先々週のお休みの日は夏日で暑かったもので「倉庫店」に行った際、思わず今シーズン初の熊本産のスイカをカートにインしてしまったわけです。その後寒い日が続きまして、もう一台の冷蔵庫に入れたままにしていたことをスッカリ忘れておりました。一昨日、急に思い出して慌ててカットしたところこれがまさに今が食べ頃。ところが、なんてったって今週の寒さに我が家はストーブを再始動中。ストーブを点けて冷え冷えのスイカとは、大好物なんですけど今回ばかりはどうにも、はかどりません。お互いに「もっと食べろ、早く食べろ」と、初物なんですけど残念ながらイマイチ堪能できないでおります。

◆ネクタイ・5.000円+税他

IMG_6825 (002)suika222.jpg

▲ページのトップへ

シャツ屋が作る究極のポロシャツ登場。

IMG_6840 (002)activ.jpg
IMG_6850 (002).jpg
シャツ専門店が試行を重ねたポロシャツが完成しました。カジュアルでありながら美しく立ち上がる襟。オフスタイルのみならず、ビジネスカジュアルにも。幅広いシーンでコーディネートして頂きたい新アイテムです。素材はしっかりしていて、通気性の良い鹿の子素材。今回のモノづくりのコンセプトは「ミラノ」。ミラノに住むミナレーゼたちがリゾートに出掛ける時に着ていくエレガントなポロシャツ。「ACTIV」と名付けた新しいレーベルを是非体験してください。

18日にロックダウン解除になったイタリア。先日イタリアの友人のコメントをご紹介しましたが、どうやら彼女だけでなく、多くのイタリア人がまだまだ外出に慎重なようです。「感染の恐怖が消えたわけではない」「店を開けても客が来ない」。2カ月以上にわたって続いた外出禁止は、陽気で明るいイタリア人のメンタルに微妙な影を落としているようです。我が国も徐々に自粛解除の方向に向かっています。関西圏・首都圏の皆様にも、意外なほどに慎重なイタリア人並みの「ソロリスタート」をお願いしたいものです。

◆「ACTIV」ポロシャツ・6.900円+税

IMG_6853 (002)QW.jpg


▲ページのトップへ

再入荷・ワンピースカラーシャツ『ショルト』。

IMG_6835 (002)1.jpg
前立てから襟にかけて一枚の生地で仕立てられた「ワンピースカラーシャツ・『ショルト』」。第一釦を外した時の美しいロールは、まもなくやって来る「クールビズ」の季節に大活躍。TPOに合わせてタイドアップも勿論OK。お陰様でご好評につき、サイズ切れしておりましたが本日サイズ・カラーともに再入荷致しました。この機会にどうぞお早めにご準備下さい。

楽しみにしているテレビ番組の一つNHKの「サラメシ」。色々な職場の昼食風景が楽しい訳ですけど、昨日の放送はこの春就職したフレッシュマンたちの「初サラメシ」。大きな会議室風のデスクにゆったりとソーシャルディスタンスをとって、会社が用意した美味しそうな「幕の内弁当」。各支店とZOOMを使ってのリモート昼食会は、忘れられない「初サラメシ」になったことでしょう。テレビを観ていて思い出すのは「VAN」の入社式で食べた本社一階にあった「VAN99ホール」での「初サラメシ」。椅子を取っ払ったホールの床に同期の新人100人があぐらをかいて、当時は日本に上陸したばかりでまだまだ珍しかった「ケンタッキー・フライド・チキン」のランチパックにコカ・コーラ。BGMは「カーペンターズ」の「NOW AND THEN」でした。「VAN」は毎年キャンペーンテーマがあって、例えば73年は「WE LOVE SPORTS」74年は「SPORTS COMMUNICATION」。その年の新入社員には背中に大きくキャンペーンテーマがプリントされたトレーナーが配られて何だか一体感を感じたのでした。
 
◆ワンピースカラーシャツ・『ショルト』・・・5.900円(税別)


van99hallmono11.gif
741.jpg


IMG_6834 (002).jpg

▲ページのトップへ

「TEXTEQ」ドーメルブラックスーツ

IMG_6814 (002)KURO.jpg

ANDON.jpg
薫風爽やかな五月晴れのもと、本日「里の宮湯殿山神社例大祭」。今年は非常事態を鑑みて、三密を避けて神社役員のみのご案内。私も例年通り朝から「TEXTEQ・ドーメル」ブラックスーツにシルバータイで清々しい気持ちで参列して参りました。街なかの市神様「湯殿山神社」は中心街の商売の神様、今年は「商売繁盛」「家内安全」に加え「疫病退散」祈願となりました。宮司によると、古来より夏祭りは「疫病退散」の意味合いがあるとの事。出席者全員で「コロナ」収束鎮静化を祈願して参りました。

今年は例大祭後の会食や神輿渡御もなく、御札とお神酒。そして「アマビエ・疫病退散祈願札」が渡されました。「アマビエ」とは江戸時代熊本に現れた疫病退散の妖怪なんだそうで、神棚や居間に貼って祈願すると良いとの事。最近はグッズなども出回っているようです、ビジュアル的にはイマイチ好きになれませんが、皆様も是非お試しあれ。

◆「TEXTEQ」ドーメルブラックスーツ・(既製)98.000円 パターンオーダー・130.000円(各税別)

IMG_6770 (002).jpg

IMG_6801 (002)AMA.jpg

▲ページのトップへ

「こんなときだから」オーダースーツ。

IMG_6743 (002)1.jpg
長かったイタリアのロックダウンも先般解除されまして、早速イタリアの知人に「ロック解除おめでとう」とメールを送りました。「ルンルン」かと思いきや返ってきた返信は、いつも陽気な彼女にしてはとても慎重な内容でした。まだ感染者はいるし、ウイルスはどこに潜んでいるか分からないのでまだまだみんな油断はしていないようです。長きにわたるロックダウンで、久々にオフィスに顔を出しても、笑顔が消えてしまっている同僚もいるし、みんな髪は伸び放題。ロックダウン以前に戻るにはもう少し時間がかかるようです。でも明日月曜日からは美容院や飲食店も再開の動きもあるようですし、季節はさくらんぼの季節。そこは陽気なイタリア人、州内の小さな旅行や夏の計画を立てたりして。人生を楽しむことだけは忘れないように励まし合っているそうです。この2か月半でイタリア人のモノの考え方も変わったようです。

ということで、イタリア「ゼニア社」もロックダウン解除後、ようやく営業再開。現地からの生地のお取り寄せも可能になり、じわじわながらお取り扱い本格化となりました。折しも、ゴールデンウイークも明けて「ゼニア」スーツのお出来上がりも続々と入荷。そして、「滅入ってばかりもいられない」と、このところオーダースーツの受注も増加傾向。今年の夏は暑くなりそう。程よいナチュラルストレッチ感と、糸には「クールエフェクト加工」を施した新素材「AMEIZING」などお勧めてす。

◆「TEXTEQ」パターンオーダースーツ・130.000円+税他

IMG_5303 (002)1.jpg

IMG_5306 (002)4.jpg

▲ページのトップへ